ネットビジネス大事典

ネットビジネスで継続的に儲けるために

サイトトップ > 見込み客と顧客の違い

見込み客と顧客の違い

お客様を集めることを集客と呼ぶわけですが、ビジネスに素人の方が一番間違えるのが、「客」とは何か?、というところですね。

あなたの販売する商品やサービスを買ってくれた方々を顧客と呼びます。

これが狭い意味のお客様ですよね。

しかし、この顧客を集めることは、簡単なことではありません。

というか、お店(リアルでもネットでも)に来てくださっても、買っていただけるかどうかは、わからないわけですから。

そこで、お店に「集客」しなければいけないのは、見込み客の方なわけです。

あなたの商品やサービスを買ってくれそうな人、それが見込み客です。

ですから、さまざまな形での広告・宣伝によって、見込み客にアプローチし、そして、お店に来てもらう。

これが集客の基本になります。

初心者が売れない原因のほとんどは、この集客がうまくできていないからです。

失敗の原因は、1.アプローチの量が少なすぎる、2.集客の前に売り込もうとしている、3.無関係な人を集めている、というのが3大要因ですね。

どのくらいのアプローチの量が必要かは、ジャンルや商材、集客方法によってかなり変わってきますが、経験を積むことによってだんだんとわかってくると思います。

初心者の方は、まず最初に、「見込み客へのアプローチを増やす」ことが大切と覚えておいてください。

2と3は集客のテクニックの話ですが、ともかく、あなたが販売しようとしている商品やサービスに興味を持って、お店(ネットなら販売用のサイト、ブログ、メルマガなど)に来てもらわないといけません。

そのための無料オファーであったり、値引きキャンペーンであるわけです。

そして、お店に来てもらってから、接客によって、上手に売り込んでいけばいいわけですよね。


ネットビジネスで家を建てる『基礎力養成セミナー』


ビジネスの基本一覧

ネットビジネス大事典 春の大感謝祭

ジャンル別集客法

情報起業

ビジネスの基本

ネットショップ構築

アフィリエイト

Twitter

無料レポートスタンド

SEO 検索エンジン最適化

iPad

リストマーケティング

ブログ

PPC広告

HP作成

YouTube動画

アクセス解析

ドロップシッピング

ネットビジネス最新ニュース




  • PICKUPサイト